ターボタイマーの役割

| 未分類 |

スポーツカーが流行っていたころはエンジンの出力を上げるためにターボチャージャーがついている車がよくありました。
ターボチャージャーとはエンジンからの排気の力を利用してタービンを回して、強制的に空気を送り込み吸気させる仕組みです。
最近はスポーツカーはあまり少なくなりました。しかしエコブームから燃費を向上させる目的でターボチャージャーを取り付けた車が出てきました。
またスーパーチャージャーといってエンジンの回転を利用し機械的に過給させる仕組みもあります。
このようなターボチャージャーについているタービンは多くの羽がついていてそれを回転させて空気を送り込んだりしています。
タービンは高速で回転させる必要があるので、薄く羽がつくられていて結構繊細な部品のひとつとなります。
例えば山道などでかなり高回転させるとタービンもそれに応じて高温になります。その状態で停止してすぐにエンジンを切ってしまうと温度差によってタービンを壊してしまうことがあります。
ターボチャージャーはこのタービンが壊れてしまうと本来の機能を出すことができず、また交換となるとかなり費用がかかってしまいます。
このような事態を防ぐためにターボタイマーというものが市販されています。
これはエンジンを止めても設定した数分のあいだアイドリングを維持しタービンの温度が下がってから止めることができます。