これまでターボチャージャーはエンジンを高出力にする目的でスポーツカーなどによく使用されていました。
しかし当時は燃費があまりよくないといったイメージがありましたが、最近は少ない燃料で高出力を得ることができるという方向にシフトしていろいろな車に利用されるようになってきました。
ターボチャージャーは大きく2種類あり、ひとつはエンジンの排気の力を利用するターボチャージャーともうひとつはエンジンの回転を利用するといった機械式のスーパーチャージャーというものがあります。
どちらも共通しているのがタービンという羽根をまわして過給させるという方法です。
ターボチャージャーでは排気ガスの力で一方の羽根をまわし、過給側の羽根と連結されているのでその回転によって吸気を強制的に行う仕組みです。
スーパージャージャーはエンジンの回転などベルトやギヤによって羽根を回転させて吸気を強制的に行う仕組みです。
いずれも羽根は精密にできていて繊細な機器の一つになります。
エンジンをかなり吹かしたりするとやはり高速で回転するため熱をもってしまいます。
高温な状態で急にエンジンを停止させると温度差で羽根に傷がつくこともあり、場合によっては焼きつきをおこしてしまうこともあります
このようなことを防ぐためターボタイマーという一定時間アイドリングを保つパーツも市販されています。

xf1285042680l