エンジンスターターというものをご存じでしょうか。 これは、リモコンの遠隔操作で自動車のエンジンを始動、停止させることができるシステムの事です。 遠隔操作は、数百メートルから1キロメートルほど距離が離れていてもできるのです。

これは、寒い冬の朝に自宅の中でリモコン操作をし、車に乗る前に暖房をかけて、乗車したときに快適な温かさにしておくことができるのです。 温めておけば、雪が自動車に積もっていたとしても、雪かきが楽になりますよね。 もちろん、暑い夏の日でも同じで、車に乗る前に冷房をかけて、涼しくしておくこともできます。

エンジンで走る自動車は、エンジン内のエンジンオイル(潤滑油)をある程度温めてから走り出した方がいいと言われてきました。 なので、リモコンでエンジンをかけておけば、暑かったり寒かったりする車内で、じっとエンジンが温まるのをひたすら待つ必要がなくなるのです。

しかし、気を付けなければならない点もあります。 近年では、CO2の排出や大気汚染防止から、アイドリングストップが推奨されるようになってきました。 自動車が止まった状態でエンジンが動いている状況を減らすことが促されているのです。 地域によっては、条例違反になる可能性もありますので、設置する前に確認をすることが大切です。

とはいえ、遠隔操作で快適な車内温度にできる装置ですので、厳しい気候の地域では一度使ってみると、手放せなくなる人が多いようです。